代表者からのご挨拶

代表者からのご挨拶 Message×絆

私たちの企業理念は「日本一お客様に近い立場で、お客様の幸せに貢献する会社」というもの。一見あたりまえの理念かも知れませんが、実は私の若いころの挫折の経験から生まれたものです。ちょうどバブルの絶頂期、私はビジネスでの成功だけを夢見て、新卒ですぐ不動産業界に就職。お客様ではなく自分のために働いた。それでも面白いように物件が売れた時代です。やがてバブルが崩壊し、苦しい日々の中でたどり着いたのが「お客様の気持ちを知ること」でした。

お客様はどんな夢を持って、どんな苦しみを抱えて、
どんな我慢を重ねて自分の家を買うだろうか?―

これが私の転機であり、今のアクロスグループの原点です。

 アクロスでは今「賃貸」と「売買」を事業の両輪と位置づけています。以前家を借りたお客様が、今度は自分の家を買いに再びお店に帰って来る。そんな好循環がこの両輪から生まれるからです。そして創業以来二十年、私たちが初めてお世話した方々のお子様が、家を求めてお店を訪ねてきてくださるようになりました。一回の接客を一生のお付き合いへ、そして二世代、三世代の絆につなぐ―それが私たちアクロスのビジョンです。これから百年、二百年を通して、お客様の人生に「本当に必要とされる会社」を目指して行きたいと思います。

 最近ようやく
「事業を育てることは、人を育てること」
だと気がつきました。今は自分のことよりも、つぎの世代に何を残すかが私の人生のテーマです。

 最後に、私の好きなネイティブアメリカンの古い言葉を紹介します。以前この業界の集まりで聞いた忘れられない言葉です。「あなたが生まれたとき、まわりの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、まわりの人が泣くような人生をおくりなさい。」私もそんな生き方を全うしてまいりたいと思います。